FDK Lithium battery top picture

> > > > ニッケル水素電池取扱い上の注意

取扱いおよび保管上の注意
  • 取扱い
    • 技術的対策: 通常の使用において必要なし。
    • 局所排気•粉じんの発生等の注意事項: 通常の使用において必要なし。
  • 安全取り扱い注意事項
    • 外装チューブを剥がしたり傷つけたりしない、火中に投下したり、加熱、
      分解はしない。水中に投入したり、水や海水にぬらさない。強い衝撃を与
      えたり、投げつけたりしない。分解、改造、変形させない。ショートさせ
      ない。指定外の充電器や充電方法で充電しない。
  • 保管
    • 技術的対策: 直射日光、高温高湿下での保管を避ける。
    • 混触禁止物質: 水、海水、針金•ネックレス•ヘアピン等の金属製品。
    • 適切な保管条件: 温度が-20~30°C、湿度が60±20%下の冷暗所に保管。
    • 避けるべき保管条件: 直射日光、高温、高湿度下。
    • 推奨する容器包装材料: 絶縁性で容易に破損しない容器包装材料。
    • 不適切な容器包装材料: 導電性の容器包装材料、破損しやすい容器包装材料。
輸送上の注意
本電池は、次の法令・指針によって輸送を規制される危険物に該当しない。
  • TECHNICAL INSTRUCTINS FOR THE SAFE TRANSPORT OF DANGEROUS GOODS BY AIR (ICAO)
  • IATA Dangerous Goods Regulations ?57th Edition Effective 1st January 2016 (IATA)
  • code of federal regulations(U.S.DOT)
但し、本電池は次の法令(規則)によって船舶輸送に限ってクラス9危険物に該当(2012年1月1日から)する。
  • INTERNATIONAL MARITIME DANGEROUS GOODS CODE(IMO)
UN No.
(国連番号)
Proper Shipping Name
(品名)
Class or division
(クラス)
Packing group
(容器等級)
Special provisions
(特別規定)
3496BATTERIES, NICKEL-METAL HYDRIDE
(ニッケル水素電池)
9-117
963
国連危険物リスト(Dangerous Goods Lists)の特別規定(117,963)の概要は以下の通りです。
  • 船舶輸送の場合に限って危険物。
  • ボタン型ニッケル水素電池は非危険物。
  • 装置に組み込まれた若しくは装置と共に包装されたニッケル水素電池は非危険物。
  • 貨物輸送ユニット(コンテナ)に収納される総質量が、100 kg未満は非危険物。
運搬に際しては容器に漏れ、こぼれのないことを確かめ、転倒、落下、損傷がないよう積み込み荷崩れ及び雨漏れの防止を確実に行う。
また、短絡しないような保護措置を取る。航空輸送においてはIATA(A199)に準じた取り扱いを行う。