電池の正しい上手な使い方

②使い切った電池は早めに取り出す!

 使い切った電池は回復しません。液もれなどを起こさないうちに、早く機器から取り出すことが大切です。また、電池が弱くなったり、電池を長時間使わないときは早めに取り替えてください。
Q:使い切った電池を機器に入れたままにしておくとどうなるの?
A:マンガン乾電池を機器に入れたままにしておくと、やがて電池にアナがあいてしまい、液もれの原因になります。電池は早めに取り替えてください。

 シーズンになったのでクーラーをリモコン操作してみると作動しませんでした。そこでリモコンの電池ケースを開けてみたところ、使い切った電池を長期間入れたままにしておいたので、その間に電池の寿命がつきて液が漏れていたことが原因でした。

 キャンプで使用して光が少し弱くなっていた強力ライト付蛍光ランタンをスイッチを切って保管していました。ある日夜釣りに行くために点検したところ点灯しませんでした。使用していたアルカリ乾電池を調べてみると、ほとんど使い切った電池を入れっぱなしにしておいたために電池が劣化し、6個中、1個の-側端子からわずかに液漏れしており、端子腐食による+-の接触不良を起こしていたことがわかりました。

[戻る]