電池の正しい上手な使い方

④電池の取り替えは全部を一度に!

 2個以上の電池を使用する機器の場合、交換時にはそっくり入れ替えるのが鉄則。一度使った古い電池と新しい電池を混ぜて使うと、使える時間が短くなり不経済です。また、種類の異なる電池を混ぜて使うと場合と同様に、古い電池が液もれを起こすことがあります。 Q:古い電池と新しい電池を混ぜて使うとどうなるの?
A:使える時間が短くなり、液もれの原因となることがもあります。

 単1形4個使用の強力ライトの電池を交換しようとしたところ、買い置きの電池が3個しかなかったので、今まで使っていた電池1個を混ぜて使ったら普通より早く点灯しなくなりました。これは今まで使っていた電池の容量がほとんどなくなっていたため、先に使いきってしまい、液もれしていたことが原因でした。

 公園で音楽を聴こうと思い、CDラジカセに新しい電池を入れて出かけたところ、短時間のうちに作動しなくなってしまいました。調べてみると単1形乾電池6個中新しい電池4個と一度使ったことのある電池2個が使われていたので、その2個が原因で寿命が短くなったものです。

[戻る]