各種電池の正しい安全な使い方

電池の種類によって注意事項が違います。よく読んで正しく使ってください。

アルカリ乾電池(表示文例)

*電池本体に表示してあること*

一次電池の安全確保のためのあるべき表示推奨文例
警告 ショート、分解、加熱、火に入れるなどしないこと。アルカリ性溶液がもれて眼に入ったり、発熱、破裂の原因となります。
注意 (1)+、-を正しく入れること。
(2)新しい電池と使用した電池、他の種類の電池をまぜて使わないこと。
(3)この電池は充電式ではないので、充電すると液もれ、破損のおそれがある。
(4)使い切った電池はすぐに器具から取り出すこと。

*ブリスタ台紙・カタログ・取扱説明書に表示してあること*

一次電池の安全確保のためのあるべき表示推奨文例
警告 (1)ショート、分解、加熱、火に入れるなどしないでください。アルカリ性溶液がもれて眼に入ったり、発熱、破裂の原因となります。
(2)万一、アルカリ性溶液が皮膚や衣服に付着した場合にはきれいな水で洗い流し、眼に入ったときはきれいな水で洗った後、直ちに医師の治療を受けてください。
注意  下記のことを必ず守ってください。電池の使い方を間違えますと液もれや破裂のおそれがあり、機器の故障やけがなどの原因となります。
(1)+、-を正しく入れてください。
(2)新しい電池と使用した電池、他の種類の電池をまぜて使わないでください。
(3)この電池は充電式ではないので、充電すると液もれ、破損のおそれがあります。
(4)使い切った電池はすぐに器具から取り出してください。
(5)電池に直接ハンダ付けしないでください。
(6)直射日光・高温・高湿の場所を避けて保管してください。

[戻る]