各種電池の正しい安全な使い方

電池の種類によって注意事項が違います。よく読んで正しく使ってください。

筒形リチウム電池(表示文例)

*電池本体に表示してあること*

一次電池の安全確保のためのあるべき表示推奨文例
警告 (1)充電禁止
(2)充電、ショート、分解、変形、加熱、火に入れるなどしないこと。発火、破裂の原因となる。

*ブリスタ台紙・カタログ・取扱説明書に表示してあること*

一次電池の安全確保のためのあるべき表示推奨文例
警告 (1)下記のことを必ず守ってください。この電池は、リチウム、有機溶媒など可燃性物質を内蔵していますので、使い方を間違えますと発火、発熱、漏液、破裂の原因となります。
   *この電池はカメラなどの指定された用途専用です。指定された用途以外に使用しないでください。
   *充電、ショート、分解、変形、加熱、火に入れるなどしないでください。
   *(+)、(-)を正しく入れてください。
   *新しい電池と使用した電池、他の種類の電池をまぜて使わないでください。
   *電池に直接ハンダ付けしないでください。
(2)電池は幼児の手の届かない所に置いてください。万一飲み込んだ場合には、直ちに医師と相談してください。
(3)電池を破棄する場合および保存する場合には、テープなどで絶縁してください。他の金属や電池とまじると発火、破裂の原因となります。
注意 *直射日光・高温・高湿の場所を避けて保管してください。

[戻る]