圧電ブザー1カ月納入開始

 
圧電ブザー 富士電気化学株式会社(FDK)は圧電ブザーについて、ご発注から納入までを1カ月以内とするスピード納入を開始するとともに圧電製品専用の相談窓口を設け、お客様サービスの充実を図りました。
 圧電ブザーは圧電素子と金属板を貼り合わせた振動板のたわみを発音源とし、消費電力が非常に小さく、無接点構造のため安全性も高いなどの特徴を持ち、電子機器に広く使われています。
 当社では圧電ブザーを、山口県にある山陽工場で圧電セラミックスの素材から一貫生産しています。
 実績ある素材技術が活かされている圧電ブザーは、音圧が高く、音質のバラツキが少ない澄み切った音質で、お客様から高い評価をいただいています。
 家電製品、時計、玩具、OA機器、自動車機器、防災機器など広い分野に向け、当社では多機種の圧電ブザーを生産していますが、短納期を指向するお客様ニーズに対応するため、スピード納入体制を構築しました。
 受注情報に即応した生産管理システムの確立、製造工程の手番短縮、部品調達の迅速化を図り、主要機種を受注から1カ月以内で納入できる体制を整備するとともに、1カ月対応機種をカタログ、ウェブサイトなどで紹介し、お客様にアピールしています。
 

戻る