電池ビジネス強化のための新会社「FDKエナジー株式会社」を設立

 
平成14年5月30日
FDK株式会社
 
 FDK株式会社(以下、FDK)は、電池ビジネスの強化のため、新会社「FDKエナジー株式会社」を設立することを決定しました。

 本計画は、ローコストマニュファクチャリングに集中した経営体制を構築することを目的としたものであり、新会社は厳しい市場競争に打ちかつ高品質で価格競争力をもった製品の供給を目指します。なお、新会社の代表者にはFDK取締役の永田 旭(現 電池カンパニープレジデント)が就任する予定です。

 アルカリ乾電池は、ゲーム機器、ポータブルAV機器、リモコン等の安定した市場に加え、デジタル機器への需要拡大が見込まれており、今後も市場拡大が見込まれます。今回設立する新会社はインドネシアの生産拠点であるPT FDK INDONESIAと一体となり国際的に通用する価格競争力をもった製品の供給を行います。

 FDKは本年1月30日に公表した「FDKグループの成長戦略」の中で、ブロードバンドインターネットのキーデバイスを担うコアビジネス群と電池やフェライト事業のような成熟、安定した市場を背景とした独立ビジネス群に再編成することを発表しておりますが、本計画の実行により、FDKグループ全体の組織においても新しい体制が完成することとなります。

 なお、新会社設立後、新会社に対してソニー株式会社(以下、ソニー)が一部出資を行うことで基本合意しております。FDKとソニーは、2000年4月より一次電池の領域における生産面での協業を開始しておりますが、今回の出資合意により両社の電池ビジネスにおける関係の一層の強化を図ります。

新会社の概要
会社名 FDKエナジー株式会社
代表取締役社長 永田 旭(現 FDK取締役 電池カンパニープレジデント)
住 所 静岡県湖西市鷲津614番地
資本金 5億円
設 立 平成14年8月1日(予定)
従業員数 223名(予定)
以上
 

戻る