アミューズメント・ゲーム関連機器向け高性能確率生成器「RPG002」を開発

 
平成15年11月12日
FDK株式会社
 
RPG002
 
 FDK株式会社(社長:鈴木惟司)は、アミューズメント、ゲーム関連機器向けに、信頼性の高い確率生成と高度なセキュリティーを実現した高性能確率生成器「RPG002」を開発しました。

 今回開発した「RPG002」は、あらかじめ決められた確率でゲームや抽選の当りを決定する機能を持つ製品で、半導体内部で生じる雑音を利用して物理乱数を生成するASICを、当社オリジナルのアルゴリズムによる電子回路と組合せ設計しました。一般的に使用されているソフトウェアによる確率生成に比べ、確率に偏りや繰り返しが無いため、不正な予測行為を防止する高い信頼性を実現しました。また、外来ノイズ、電圧変動、温度変化などの外部環境変化に対する強さに加え、製品製造段階で各種の設定を行った後のデータ改ざんが困難な構造も実現しました。さらに、ゲーム用途に応じて当りの演出を付加することも可能で、さまざまなアミューズメント機器への搭載が可能です。

 本製品は、本年6月に開発した物理乱数生成ASIC「RPG100」の第一弾の応用製品で、当社は今後も新しい用途に向けた製品開発を図ってまいります。なお、本製品は、本年12月よりサンプル出荷を開始し、2005年度5億円の売上を計画しています。
 
<特 性>
製品名 高性能確率生成器「RPG002」
確率出力 HIT0、HIT1、HIT2、HIT3
確率アドレス P0、P1、P2、P3、P4、P5、P6、P7
乱数/品名出力 8bit x 4=32bit(各種演出用)/品名コード(32bit)
認証機能 赤外線通信で可能
付加機能 揺らぎ機能 フォール機能
電源範囲 5 ± 0.25V
消費電流 20mA(typ)
動作温度 0 ~ +70℃
パッケージ 金属ケース(専用パッケージ)、26pin DIP、鉛フリー対応
サイズ 33.3mm x 14.7mm x 12.7mm(リードピン込み)
 
(本件へのお問い合わせ) FDK株式会社 広報・IR室  成重
TEL:03-5715-7402
 

戻る