物理乱数生成USBモジュール「Random Streamer」を開発

 
平成16年10月5日
FDK株式会社
日本テクノ・ラボ株式会社
 
物理乱数生成USBモジュール「Random Streamer」
物理乱数生成USBモジュール「Random Streamer」
 
 FDK株式会社(社長:杉本俊春)と日本テクノ・ラボ株式会社(社長:松永泳成)は、共同で統計計算、金融、自然現象などのシミュレーションや暗号、認証技術用途に、高品位乱数を高速出力する物理乱数生成USBモジュール「Random Streamer」を開発しました。

 統計計算、金融、自然現象などの予測や解析には、あらゆる事象を想定したシミュレーションを行なうため、偏りがない高品位乱数が大量に必要とされております。また、暗号技術、認証技術などセキュリティーシステムにおいても予測不可能な物理乱数が要求されております。

 今回開発した「Random Streamer」は昨年6月にFDKが開発した高性能汎用物理乱数生成ASIC「RPG100」と日本テクノ・ラボのソフトウェア技術をベースに両社で開発を進め、乱数生成USBモジュールとしては高品位かつ高転送速度の世界最高性能を実現しました。パソコン等のUSB端子に差し込むだけで高品位の物理乱数を取得することができ、従来のように高額で大きな装置を使う必要がないため、コストや操作性が大きく向上いたします。

 本製品は、10月5日から9日まで幕張メッセで開催されるCEATEC JAPAN 2004のFDKブース(ブース番号6E78)と10月7日・8日にワークスピア横浜で開催される日本計算機統計学会第18回シンポジウムに出展いたします。また、本年10月中旬より日本テクノ・ラボが窓口となって販売を開始いたします。
 
<特 性>
製品名 物理乱数生成USBモジュール「Random Streamer」
インターフェイス USB1.1/2.0 準拠Full Speed(12Mbps)
電源電圧 DC 5V(USBより給電)
電源電流 43mA typ.
使用温度範囲 0 ~ 40℃
平均転送速度 247Kbit/sec(理論値)
乱数源 高性能汎用物理乱数生成器 RPG100
乱数品位 FIPS 140-2相当(米国政府機関向けの暗号モジュールの標準規格)
乱数自己検定機能 FIPS 140-2 Change Notice 1準拠
外形寸法 71.9mm(L) x 18.7mm(W) x 9.6mm(H) (キャップ含む)
 
(本件へのお問い合わせ) FDK株式会社 企画戦略室
TEL:03-5715-7402
日本テクノ・ラボ株式会社 マーケティング部
TEL:03-5276-2810
E-mail:marketing@ntl.co.jp
 
[参考]
FDK株式会社の概要
●代表者   :杉本 俊春
●住所    :東京都港区新橋5-36-11
●資本金   :19,256百万円
●設立    :1950年2月7日
●従業員数  :1452名
●主な事業内容:電子材料、電子部品、電池等の製造・販売

日本テクノ・ラボ株式会社の概要
●代表者   :松村 泳成
●住所    :東京都千代田区平河町1-2-10 平河町第一生命ビル5階
●資本金   :378百万円
●設立    :1989年1月31日
●従業員数  :50名
●主な事業内容:ソフトウェア開発受託、システム受託開発、ソフトウェアの開発・販売等
 

戻る