世界最小サイズのステッパモータ「SM4.3シリーズ」を開発

 
平成17年6月6日
FDK株式会社
 
ステッパモータ「SM4.3シリーズ」
ステッパモータ「SM4.3シリーズ」
 
  FDK株式会社(社長:杉本俊春)は、カメラ付携帯電話やデジタルカメラなどのオートフォーカスおよびズーム機能に使用されるレンズ駆動用のモータに適した世界最小サイズ*1のステッピングモータ「SM4.3シリーズ」を開発いたしました。

 本製品は、当社独自のコイル設計技術とスーパーコンピュータによる磁場解析技術を活用し、磁気回路を最適化するとともに、素材から開発した特殊強力磁石を使用することで、体積0.074ccと世界最小サイズと一クラス上の高出力トルクを実現しました。直径4.3mmながら、小型化に伴うトルクダウンを最小限に抑えたことで、組込機器の小型化、軽量化、省電力化をさらに促進することが可能になるとともに、高速応答性についても高いパフォーマンスを発揮いたします。環境面に関しては、欧州の電気・電子機器に関する有害物質制限指令(RoHS指令)に対応いたしております。

 当社は本製品の量産開始を今月から予定しています。また、本製品を含め直径10mm以下の小径ステッパモータについて、2007年度で70億円の売上を目指しています。さらに当社は今後も最新鋭の電子機器へ適した新製品の開発を進め、お客様のご要求に応えてまいります。

 *1 体積比で世界最小サイズ(当社調べ)
 
<仕 様>
製品名 ステッパモータ「SM4.3シリーズ」
サイズ φ4.3mm x 5.15mm  
シャフト径 0.7mm
質量  0.4g
基本ステップ数 20(1ステップ = 18度)
コイル抵抗 23Ω/相
端子間電圧 3V
トルク 0.07mN・m(2相・500pps 時)
 
(本件へのお問い合わせ) (報道関係) FDK株式会社 企画戦略室
TEL:03-5715-7402
(お客様関係) FDK株式会社 電子営業本部 コンポーネント営業グループ
モータ営業部
TEL:03-5715-7409
 

戻る