高信頼性を実現した非絶縁型DC-DCコンバータ「Senpaiシリーズ」6機種を開発!

 
平成18年3月16日
FDK株式会社
 
DC-DCコンバータ「Senpaiシリーズ」
DC-DCコンバータ「Senpaiシリーズ」
 
 FDK株式会社(社長:杉本俊春)は、電子機器内の多様な電力供給要求に対応した分散化方式のPoint-of-load(POL)電源として、6~14Vの広範囲の入力電圧で動作可能な非絶縁型DC-DCコンバータ「Senpaiシリーズ」6機種を開発いたしました。

 本製品は、電子機器内の温度上昇により引き起こされるコンバータの性能低下を抑えるため、部品の簡素化および実装基板の最適化に加え、回路デザインも大幅に見直しました。その結果、コンバータ自体での熱発生が抑制されるとともに、温度環境の変化に強い高信頼性を実現しました。85℃の高温状況においても高い変換効率を実現したことから、高信頼性が要求されるネットワーク機器、計測機器などの分散化方式POL電源として安定した使用が可能となります。

 また、電力を供給する側の電圧変動による影響を避けるため、本製品は、広範囲な入力電圧(6~14V)で安定的な電力変換を実現しました。さらにオプション設定により、出力電圧を0.75~5.5Vまで設定することが可能です。業界標準サイズの設置面積及びピンレイアウトでの設計、SMDとSIPの2タイプを揃えたことにより、さまざまな装置にご利用いただけます。
 環境面につきましては、本年7月からEU圏で施行されるRoHS指令に対応済です。

 本製品は、4月19日から21日まで幕張メッセにて開催される「Techno‐Frontier 2006」に出展いたします。また、今月よりサンプル出荷を開始いたします。
 本製品に関する詳しい仕様、及び製品に関する詳細なデータ等につきましては、当社のホームページをご参照願います。
 
FDKホームページ http://www.fdk.co.jp/
 
<Senpaiシリーズ製品仕様>
品番 出力電圧/出力電流 入力電圧 外形寸法(mm)
L x W x H
タイプ 効率(Typ)
SMD SIP
FPLR12TR7516NA 0.75 - 5.5V/16A 6 - 14V 50.8 x 13.6 x 8.1   94%
FPLR12SR7516NA 33.0 x 13.4 x 8.3   95%
FPLR12TR7510NA 0.75 - 5.5V/10A 6 - 14V 50.8 x 13.6 x 8.1   94%
FPLR12SR7510NA 33.0 x 13.4 x 8.3   95%
FPMR12TR7505NA 0.75 - 5.5V/5A 6 - 14V 22.9 x 10.2 x 6.3   94%
FPMR12SR7505NA 20.3 x 11.4 x 6.7   93%
 
(本件へのお問い合わせ) (報道関係) FDK株式会社 企画戦略室
コーポレートコミュニケーショングループ
TEL:03-5715-7402
(お客様関係) 電子営業本部 パワーシステム営業部
TEL:03-5715-7409
 

戻る