POL電源向けDC-DCコンバータ「Senpaiシリーズ」2機種を新たに商品化!-クラス最高の出力電流を実現-!

 
2007年5月16日
FDK株式会社
 
非絶縁型DC-DCコンバータ「FPMR12TR7510」「FPLR05SR7525」
FPMR12TR7510 FPLR05SR7525
 
 FDK株式会社(社長:杉本俊春)は、分散化電源方式に対応した非絶縁型DC-DCコンバータ「Senpaiシリーズ」に、 10A出力のSIPタイプと25A出力のSMDタイプの2機種を新たに商品化いたしました。

 今回開発した製品は、単位面積あたりの出力性能を高めたDC-DCコンバータです。 「FPMR12TR7510」は、同じ入力電圧(6.0~14.0V)の標準タイプの製品との比較では67%増となる10Aの出力を実現しました。これにより、電力密度は、780W/in3とこのタイプではきわめて大電流の出力が可能となりました。また「FPLR05SR7525」は、同じ入力電圧(3.0~5.5V)の従来製品との比較では25%増となる25Aの出力が実現しました。

 2機種とも業界標準のPOLコンバータと同じ端子配列を採用し、リモートオン・オフ、低電圧ロックアウト、 過電流保護、過熱保護などの多様な保護機能に加え、欧州向けの情報処理機器の安全性に関する規格であるEN60950に対応しています。また本製品は、400LFM(2M/s)という微風状態のもとで、「FPMR12TR7510」は60℃まで、「FPLR05SR7525」は70℃までディレーティングが不要です。このように優れた温度特性は、回路設計、放熱設計、パッケージングの設計を、高密度実装回路用に最適化した結果生まれました。なおSenpaiシリーズは、環境面において全てRoHS指令に対応済です。

 本製品は、今月よりサンプル出荷を開始いたします。本製品の詳しい仕様及び製品に関する詳細なデータ等につきましては、 下記専用のホームページをご参照願います。

FDK DC-DCコンバータ
 
<「Senpaiシリーズ」製品仕様>
品番 出力電圧/出力電流 入力電圧 外形寸法(mm)
L x W x H(Typ.)
タイプ 効率(%max)
FPMR12TR7510 0.75 - 5.5V/10A 6.0 - 14.0V 22.9 x 10.2 x 4.95mm
(0.9 x 0.4 x 0.195 inch)
SIP 97%
FPLR05SR7525 0.75 - 3.63V/25A 3.0 - 5.5V 33.0 x 13.4 x 8.3mm
(1.3 x 0.53 x 0.327 inch)
SMD 97%
 
(本件へのお問い合わせ) (報道関係) FDK株式会社 広報・IR室
TEL:03-5715-7402
(お客様関係) 電子営業本部 モジュール営業統括部
TEL:03-5715-7409
 

戻る