モバイルWiMAX対応の送受信モジュールを開発!~世界初のトリプルバンド対応~

 
2008年8月28日
FDK株式会社
 
モバイルWiMAXモジュール-AC001-
モバイルWiMAXモジュール-AC001-
 
 FDK株式会社(社長:杉本俊春)は、モバイルWiMAXTM*1対応の端末向けに世界初となるトリプルバンドをカバーする送受信モジュールを富士通マイクロエレクトロニクス株式会社(社長:岡田晴基)*2と共同で開発いたしました。

 次世代無線ブロードバンドとして注目を集めているモバイルWiMAXは、伝送距離が長く、時速120キロで移動中でも通信できるといった特長があることから、いつでもどこでも高速インターネットや通話が可能になります。一昨年から韓国の一部でサービスが開始されており、本年には北米及び台湾、2009年には日本での開始が予定されるなど、世界での普及が見込まれています。

 本製品は、富士通マイクロエレクトロニクス株式会社が開発したベースバンドLSI、電源LSI、 WiMAXの主要3周波数帯に対応したRF(高周波処理)LSIからなるチップセットを採用し、同社と共同で高周波回路では回路と部品の最適化に努め、低損失化を図かるとともに、電源部分では、市場で高い評価を得ている当社製の積層チップパワーインダクタの使用による高効率なコンバータを搭載したことで低消費電力化を図りました。世界各地で使用されるモバイルWiMAX端末での使用が可能となります。

 本製品は、2008年9月30日~10月4日に幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催される『CEATEC JAPAN 2008』に出展するとともに、10月末よりサンプル出荷を開始いたします。当社は、今後もWiMAX市場に向けた新製品・新技術の開発に努めてまいります。

(注) *1: WiMAXを移動体でも利用できるように策定されたモバイル無線の規格。
IEEE802.16e-2005に準拠。
*2: 本社 東京都新宿区。
 
<製品仕様>
品番 周波数範囲 消費電力 送信出力
AC001 2295 ~ 2405MHz(2.3GHz帯)
2491 ~ 2695MHz(2.5GHz帯)
3295 ~ 3805MHz(3.5GHz帯)
連続送受信時: 690mW
(ダウンロード:20Mbps、アップロード:4Mbps)
23dBm以上
VoIP時: 100mW
 
(図1. WiMAXモジュールの拡大イメージ)
WiMAXモジュールの拡大イメージ
本件へのお問い合わせ: FDK株式会社
報道関係 広報・IR室
TEL: 03-5715-7402
お客様関係 高周波営業統括部
TEL: 03-5715-7409
 

戻る