低自己放電型ニッケル水素電池「富士通 充電池」新発売!

 
2012年5月21日
FDK株式会社
 
 FDK株式会社(社長:望月道正)は、現在販売しているニッケル水素電池「ハイドロパワー」の後継機種として、低自己放電タイプの「富士通 充電池」を発売します。
 
 
 今回発売する「富士通 充電池」は、約1,800回*1くり返し充電して使用可能で非常に経済的です。また、自己放電率が高い「ハイドロパワー」と違い、満充電後5年間放置しても約70%*2の高い容量残存率を有しているため、使いたい時にすぐにご使用いただけます。さらに、低温環境下でも使用可能であり、アウトドアやスキー場などでの利用も可能です。
 ラインアップは、単3形(min.1900mAh)と単4形(min.750mAh)と専用充電器になります。
 
品名 容量/仕様 本数/パッケージ形態 価格(本体)
充電池単3形 min.1900mAh 2本ブリスターパック オープン
4本ブリスターパック オープン
充電池単4形 min.750mAh 2本ブリスターパック オープン
4本ブリスターパック オープン
充電器セット 標準タイプ 単3形4本付きフックボックス オープン
充電器(単体) 標準タイプ フックボックス オープン
 
単3形2本ブリスターパック 単3形4本ブリスターパック 単4形2本ブリスターパック 単4形4本ブリスターパック 充電器セット 充電器(単体)
 
 当社は、今後も、お客様にご満足いただけるような新製品開発と性能アップ・信頼性を追求した新技術の開発に努め、皆様に愛される製品を提供してまいります。

 *1:単3形・単4形: JIS C8708 2007(7.4.1.1)の試験方法に基づく電池寿命の目安。
 *2:単3形・単4形: 満充電後20℃環境下で5年間放置しても初期容量の約70%放電可能。
(放電電流0.2lt、放電終止電圧1.0V/セル)
 
本件へのお問い合わせ: FDK株式会社 
(報道関係) 広報・IR室
TEL:03-5715-7402
(お客様関係) マーケティング本部 営業企画部
TEL:03-5715-7408
 

戻る