世界最小クラスDC-DCパワーモジュール*1「FPED48T01238」を開発、サンプル出荷開始
~従来の半分のサイズで450W出力、実装面積を大幅削減!PMBusTMにより動作設定・モニタリングが可能~


2017年3月13日
FDK株式会社

 FDK株式会社(代表取締役社長:望月 道正)は、450Wのbrickコンバータでは世界最小となる1/8-BrickサイズのDC-DCパワーモジュール「FPED48T01238」を開発し、サンプル出荷を開始しました。

DC-DCパワーモジュール「FPED48T01238NA」
FPED48T01238NA

DC-DCパワーモジュール「FPED48T01238NA-H」
FPED48T01238NA-H

 産業機器の高性能化と機器本体の小型化に伴い、大きな電力をより小型なサイズで出力できるパワーモジュールが求められております。また、産業機器本体の消費電力低減のため、高効率化も求められております。当社はこのような動向に対応し、グループ会社の株式会社富士通研究所(代表取締役社長:佐々木 繁、以下「富士通研究所」)と共同で開発を進めてまいりました。

 今回開発したDC-DCパワーモジュール「FPED48T01238」は、1/4-Brickサイズの400W出力クラスの性能を、約半分の面積の1/8-Brickサイズで実現し、ユーザーの装置小型化に貢献します。また、高い変換効率を有し変換損失による温度上昇を抑えられるため、機器内の排熱などの温度管理にかかるコストの低減に貢献します。ユーザビリティの面ではPMBusTM *2に準拠し、出力電圧設定*3、過電流保護、過熱保護、リモートON/OFFのフルデジタル制御・モニタリングを可能にし、電源系システムの設計自由度を大きく高めました。

 本製品は96%*4の高い変換効率性能を実現するために、当社が長年培ったパワー回路、高密度実装の技術と、富士通研究所が持つ低損失設計を可能とする詳細な回路・部品のモデル化によるシミュレーション技術に加え、電流検出回路における損失を半減する新回路方式*5を採用しました。高温環境下においても高性能・高効率を維持する特長を有することから、高信頼性*6を要求される各種通信装置、サーバ、ストレージシステムなど幅広いアプリケーションにご使用いただけます。

 なお、本製品は4月19日~21日まで幕張メッセで開催される「TECHNO-FRONTIER」の当社ブースにて展示、ご紹介いたします。


*1:主な仕様はTyp. 12[V]出力、動作入力電圧範囲(36[V]~75[V])、絶縁耐圧DC2250[V]
*2:System Management Interface Forum(SMIF)が策定した通信規格
*3:出力電圧は6[V]-13.2[V]に設定可能
*4:48[V]入力、12V/20A出力時
*5:当社および富士通株式会社と共同で特許出願済み
*6:製品毎にシリアル番号を付したフルトレーサビリティに対応、また、RoHS指令に対応

以上

本件へのお問い合わせ: FDK株式会社
(報道関係) 広報・IR室
TEL:03-5715-7402
(お客様関係) 第一営業本部 第一営業部
TEL:03-5715-7409


戻る