世界最高水準(*1)のSMD対応小型全固体電池の高容量化品を4月に開発
~ 公称電圧3V、電池容量は500μAh(3.5倍)、体積エネルギー密度は従来比2.5倍に ~


2019年5月9日
FDK株式会社

SMD対応全固体電池(高容量化品)
SMD対応全固体電池(高容量化品)

  FDK株式会社(代表取締役社長:大橋洋一)は、2018年12月にサンプル出荷を開始したSMD対応小型全固体電池(*2)の高容量化品を開発しました。

 本開発品は、IoT機器やウェアラブル機器、RTC(Real Time Clock:リアルタイムクロック)、SRAM/MCUなどの半導体関連製品、さらに従来の電解液を使用した電池では適用困難な過酷な環境下(高温、真空など)で使用される産業機器や車載電装機器などでも安全・安心に電力を供給します。

 当社は、小型、高エネルギー密度、高い安全性、長寿命などの特長を有する電池として、昨年12月に世界最高水準(*1)の高電圧のSMD対応小型全固体電池を開発し、さらなるアプリケーション領域の拡大のために、高容量化を進めてまいりました。
 今回、当社は従来の内部構成と形成プロセスを改良することにより、従来比2.5倍の体積エネルギー密度(65Wh/L)の高容量化を実現しました。
 さらに、今回の高容量化に合わせて、電子部品規格に準拠した形状への変更を行なうことにより、酸化物系のバルクタイプのSMD対応小型全固体電池では業界最高(*3)の電池容量500μAh(当社従来比3.5倍)を実現するとともに、お客様が実装される際の利便性も向上させました。

 本開発品は、一部のお客様のアプリケーション検証のため、2019年5月中旬からサンプル出荷を開始いたします。
 当社は、今回開発したサンプル出荷と並行し、引き続き全固体電池の開発と2020年度からの量産に向けた対応を進めてまいります。


[SMD対応小型全固体電池 特性]
項目 単位 特性
(今回開発品)
特性
(当社従来品)
公称電圧 V 3 3
電池容量 μAh 500
(3.5倍向上)
140
体積エネルギー密度 Wh/L 65
(2.5倍向上)
26
サンプル形状 mm (L) 4.5 x (W) 3.2 x (T) 1.6 (L) 4.0 x (W) 2.0 x (T) 2.0
質量 g 0.08 0.05
使用温度範囲 -20 ~ +105


*1:発表日現在。酸化物系のバルクタイプの全固体電池で定格電圧3V出力のものは存在していません。(当社調べ。)
*2:株式会社富士通研究所(代表取締役社長:古田英範)と2017年2月に開発した高電位正極材料を用いた全固体電池
*3:発表日現在。(当社調べ。)

以 上

本件へのお問い合わせ: FDK株式会社
CSR・コンプライアンス統括部
TEL:03-5715-7402
E-Mail:asrb-info@fdk.co.jp


戻る