LCD用ハイブリッドモジュールの生産能力強化

 
平成14年6月28日
FDK株式会社
 
 FDK株式会社(以下、FDK)は、中国でのLCD(液晶ディスプレー)の生産拡大に対応するため、蘇州FDKにおけるLCD用ハイブリッドモジュールの生産能力を強化いたします。

 LCDは、ノートパソコンに加え、デスクトップパソコンのディスプレーにも用途が拡大しており、年率10%を上回る市場成長が見込まれます。また、中国のWTO加盟の動きを受け、日系、台湾系の各LCDメーカーは、中国蘇州地区へ進出し、この地区がLCDの一大生産拠点となりつつあります。

 FDKは、同地区に昨年6月、LCDの信号制御に使用されるハイブリッドモジュールの生産を目的に蘇州FDKを設立し本年4月から量産を開始しておりますが、急拡大する中国市場に対応するため、早期に蘇州FDKの生産能力を引き上げ顧客の要望に即応できる生産体制を構築します。
 そのために、今上期から生産能力増強に着手し、2003年末には現在の約4倍の能力(60万個体制/月)に増強します。

 蘇州FDKの売上高につきましては、2002年度52億円、2003年度は倍増の110億円を計画しています。
以上
 
蘇州FDK写真
会社名 :SUZHOU FDK CO., LTD.
 (略称 蘇州FDK)
所在地 :中華人民共和国江蘇省蘇州市蘇州新区
資本金 :5,000千米ドル
代表者 :樽井 保夫
設立年月 :2001年6月
蘇州FDK
LCD用ハイブリッドモジュール
(本件へのお問い合わせ)
広報・IR室  成重・平野
TEL:03-5715-7402
LCD用ハイブリッドモジュール
 

戻る