高出力円筒形二酸化マンガンリチウム一次電池「CR17500EPK」を開発
~ 業界最高水準(*1)の高容量モデルで、ますます高まる顧客ニーズに対応 ~


2020年11月24日
FDK株式会社

 FDK株式会社(代表取締役社長:長野 良)は、業界最高水準の高容量(*1)を実現した高出力円筒形二酸化マンガンリチウム一次電池「CR17500EPK」を開発し、2020年11月よりサンプルの提供を開始いたします。

 当社は、1980年代から大電流放電が可能であるスパイラル電極構造の高出力円筒形二酸化マンガンリチウム一次電池を製造・販売しており、主にガス、電力および水道などの電子メータに搭載されています。
 昨今、電子メータの通信量が大幅に増加することに伴ない、消費電力も増加傾向にあり、搭載される電池の高容量化と長寿命化のニーズがますます高まっております。
 当社はこの高容量化・長寿命化電池のニーズに対応すべく、既存の高出力円筒形二酸化マンガンリチウム一次電池「CR17500EP」をベースに電池の構造や使用材料を徹底的に見直しいたしました。その結果、同形状で既存品に比べ電池容量を約13%向上させることに成功し、業界最高水準の高容量(*1)を実現した高出力円筒形二酸化マンガンリチウム一次電池「CR17500EPK」を開発いたしました。
 本製品は、2020年11月よりサンプルの提供を開始し、2021年度より高出力円筒形二酸化マンガンリチウム一次電池の製品ラインアップの一つとして販売開始いたします。高容量化により、通信機能付電子メータの機能増に対応するとともに、長寿命化により、メンテナンス費用の削減に貢献し、お客様の利便性を高めてまいります。

 当社は、今後もSmart Energy Partnerとして、先進技術を結集し、お客様に電気エネルギーを安心して効率的にご活用いただける提案をし続けてまいります。

<電池容量特性比較>
電池容量特性比較

<製品仕様>
IEC規格に準拠した名称
17E500
公称電圧 3V
公称容量 3400mAh(5mA放電時、終止電圧2.0V)
最大パルス電流 4000mA
寸法 外径 17.4mm
総高 50.0mm

*1:発表日現在。17500サイズの円筒形二酸化マンガンリチウム一次電池において。当社調べ。

以 上

本件へのお問い合わせ: FDK株式会社
(報道関係) 経営企画室
TEL:03-5715-7403
(お客様関係) 営業本部第一営業部
TEL:03-5715-7409


戻る