ニッケル水素電池の安全な使用に関する注意事項

以下の項目は、ニッケル水素電池(素電池又は組電池)の使用時、ニッケル水素電池を組み込む機器の設計時、あるいは機器を製造する際の電池取扱い時の禁止・強制事項として必ず遵守すると共に、お客様が必要と判断される危険・警告・注意事項の内容については、取扱説明書に安全確保のための禁止・強制事項として記載してください。

危険

  1. ニッケル水素電池をご使用の際には、下記事項を必ずお守りください。
    • ニッケル水素電池を火の中に投入したり、加熱しないでください。絶縁物が溶けたり、ガス排出弁や保護部品などを損傷したり、電池から電解液が噴き出したり、電池を破裂、発火させる原因となります。
    • ニッケル水素電池の?端子と?端子を針金などの金属で接続しないでください。又、金属製ネックレスやヘアピンなどと一緒に持ち運んだり、保管しないでください。
    • 電池がショート状態となり過大な電流が流れ、電池を漏液、発熱、破裂、発火させる原因となります。又、針金、ネックレス、ヘアピンなどの金属が発熱する原因となります。持ち運びや保管には、専用ケースなどを使用してください。
    • ニッケル水素電池は当社指定の充電器で充電するか、当社指定の充電条件を守ってください。その他の条件で充電しますと、過大電流で充電されたり、充電制御ができなかったりして、電池を漏液、発熱、破裂、発火させる原因となります。
    • ニッケル水素電池を分解しないでください。電池の内部や外部でショート状態になったり、電池の内容物が空気と反応したりして、電池を発熱、破裂、発火させる原因となります。又、アルカリ性溶液が飛散して危険です。
    • ニッケル水素電池を改造しないでください。電池(組電池)には危険防止のための保護機構が組み込まれています。これらを損なうと過大電流で充電されたり、充電制御ができなかったり、過大電流で放電されたりして、電池を漏液、発熱、破裂、発火させる原因となります。
    • ニッケル水素電池に直接半田付けをしないでください。熱により、絶縁物が溶けたり、ガス排出弁や保護部品などを損傷したりして、電池を漏液、発熱、破裂、発火させる原因となります。又、機器と電池との接点についても、逆接続が容易に起こらないような設計としてください。
    • ニッケル水素電池は?端子、?端子の向きが決められています。充電器や機器に接続するときにうまくつながらない場合は無理に接続しないでください。?端子、?端子を逆に接続すると、電池が逆に充電され、電池内部で異常な反応が起きたり、放電時に思わぬ異常な電流が流れたりして、電池を漏液、発熱、破裂、発火させる原因となります。
    • ニッケル水素電池は?端子に内部ガスを放出する機能を有するガス排出弁を備えています。このため?端子の部分を変形させたり、?端子に設けられたガス抜き構造をふさがないでください。端子部を変形させたり、ガス抜き構造をふさぐと、ガス排出弁が正常に作動しなくなるため、電池を漏液、発熱、破裂、発火させる原因となります。
    • ニッケル水素電池を充電器を介さずに電源コンセントや自動車のシガレットライターの差し込み口に直接接続しないでください。高い電圧が加えられることによって過大な電流が流れ、電池を漏液、発熱、破裂、発火させる原因となります。
    • ニッケル水素電池を指定の機器以外には使用しないでください。機器によっては、異常な電流が流れたりして、電池を漏液、発熱、破裂、発火させる原因となります。
  2. ニッケル水素電池は内部にアルカリ性溶液を保持しています。ニッケル水素電池の液が目に入ったときには、失明の原因になりますので、こすらずにすぐに水道水などのきれいな水で充分洗った後、直ちに医師の治療を受けてください。
  3. ニッケル水素電池を機器に組み込んだり、ケースに収納する場合は、水中ライトなどの密閉した器具のように機器およびケースを気密構造にしないでください。電池内部から放出されたガスが逃げないために、機器やケースを破損させる原因となります。

警告

  1. ニッケル水素電池を水や海水やジュースなどの飲料や調味料などの液体につけたり、端子部分を濡らさないでください。電池を発熱させる原因になるおそれがあります。又、電池や電池端子などがサビることがあります。
  2. 20本を越えてニッケル水素電池を直列に接続しないでください。感電したり、電池を漏液、発熱させる原因になるおそれがあります。
  3. ニッケル水素電池を誤って飲み込むことがないように、使用機器および、電池は特に乳幼児の手の届かないところに置いてください。万一電池を飲み込んだ場合には、ただちに医師と相談してください。
  4. ニッケル水素電池の⊕端子と⊖端子を逆にして、充電したり使用しないでください。充電時に逆に充電され、電池内部で異常反応が起きたり、放電時には異常な電流が流れたりして、電池を漏液、発熱、破裂、発火させる原因になります。
  5. 充電の際に所定の充電時間を越えても充電が完了しない場合には、充電をやめてください。電池が過度に充電され、電池を漏液、発熱、破裂させる原因となります。
  6. ニッケル水素電池の外装チューブ/ラベルをはがしたり、キズをつけないでください。電池がショート状態となりやすく、電池を漏液、発熱、破裂、発火させる原因となります。
  7. ニッケル水素電池の外装チューブ/ラベルにキズや破損がある場合には、使用しないでください。電池がショート状態となりやすく、電池を漏液、発熱、破裂、発火させる原因となります。
  8. ニッケル水素電池が漏液したり、変色・変形その他今までと異なることに気がついたときは使用しないでください。電池を発熱、破裂、発火させる原因になります。
  9. ニッケル水素電池は内部にアルカリ性溶液を保持しています。ニッケル水素電池の液が皮膚や衣服に付着した場合には皮膚に障害を起こす原因となりますので、ただちに水道水などのきれいな水で充分洗い流してください。
  10. ニッケル水素電池の運搬時は収納されているケースの中身の電池が動かないようにしっかりと梱包してください。破損や金属端子のショートの原因となります。

注意

  1. ニッケル水素電池に強い衝撃を与えたり、投げつけたりしないでください。電池を漏液、発熱、破裂、発火させる原因になるおそれがあります。
  2. ニッケル水素電池は、乳幼児の手の届かないところに保管してください。又、充電時や使用時に乳幼児が充電器や使用機器から電池を取り出さないように注意してください。
  3. ニッケル水素電池を小児が使用する際は、保護者の方が取扱説明書の内容を充分に教えてください。又使用の途中においても、取扱説明書の方法で使用されているかどうかをご注意ください。
  4. ニッケル水素電池の充電は0~+40℃の温度範囲で行ってください。この温度範囲(0~+40℃)以外では、電池を漏液、発熱させる原因になるおそれがあります。又、電池の性能や寿命を低下させることがあります。
  5. ニッケル水素電池を冷えたまま(0℃以下)や、寒い戸外(0℃以下)で充電しないでください。電池を漏液させる原因になるおそれがあります。又、電池の性能や寿命を低下させることがあります。
  6. ニッケル水素電池を直接日光の強いところや、炎天下の車内やストーブの前面などの高温の場所で使用・放置しないでください。電池を漏液させる原因になるおそれがあります。又、電池の性能や寿命を低下させることがあります。
  7. 新旧の電池や充電状態の異なる電池を混ぜて使用しないでください。又、乾電池、容量・種類・銘柄の違う電池を混ぜて使用しないでください。電池を漏液、発熱させる原因になるおそれがあります。
  8. ニッケル水素電池を2本以上組み合わせて使用する場合は、同時に充電してご使用ください。同時に充電しない場合、電池を漏液、発熱させる原因になるおそれがあります。
  9. 電池を並列に接続して使用しないでください。電池を漏液、発熱、破裂、発火させる原因になるおそれがあります。
  10. ニッケル水素電池の充電方法については、充電器の取扱説明書をよくお読みください。
  11. ニッケル水素電池の充電や放電中に、可燃物を上に載せたり、覆ったりしないでください。電池を発熱、破裂、発火させるおそれがあります。
  12. ニッケル水素電池は、使用機器によって、性能が合わない場合があります。使用機器の取扱説明書や注意書きをよくお読みください。
  13. ニッケル水素電池を指定の充電器の取扱説明書に記載している充電時間以上充電しないでください。又は充電完了した電池を再度充電しないでください。電池を漏液、発熱、破裂、発火させる原因になるおそれがあります。又、電池の性能や寿命を低下させることがあります。
  14. 長時間使用しなかった後の初回充電時は、満充電に至る前に充電が終了する場合があります。その場合、充放電を数回繰り返した後、ご使用ください。
  15. ニッケル水素電池を使用した後は、機器のスイッチを必ず切るか、電池を機器から取り外してください。電池を漏液させる原因になるおそれがあります。
  16. ニッケル水素電池を使用しない場合や、長期間機器を使用しない場合には、電池の漏液やサビをさけるため、使用機器から電池を取り出して、-20~+30℃の湿気の少ない場所で保管してください。
  17. ニッケル水素電池をお使いいただく前に、必ず取扱説明書や注意書きをよくお読みください。又、お読みいただいた後は、大切に保管し、必要なときにお読みください。なお、取扱説明書や注意書きが充分に理解できない場合は、当社へお問い合わせください。
  18. お買い上げ後、ニッケル水素電池を初めてご使用の場合に、サビや発熱、その他異常と思われたときは、使用しないでください。お買い上げの販売店へご持参ください。
  19. ニッケル水素電池の端子が汚れると、機器との接触が悪くなり電源が切れたり、充電されなくなりますので、乾いた布などでふきとり、端子をきれいにしてからご使用ください。
  20. ニッケル水素電池を機器に組み込んだり、ケースに収納する場合は、電池との接点や端子の材料は耐アルカリ性に優れた材料をご使用ください。(銅含有材料はさび、腐食のトラブルの原因になります。)
  21. 電池には寿命があります。同じ用途の機器であっても使用環境温度や充放電回数によって電池寿命が異なりますので、指定する条件で充電しても使用時間が短くなったときは寿命と判断し、新しいニッケル水素電池と取り替えてください。

ニッケル水素電池のリサイクルにご協力を

日本国内ではニッケル水素電池のリサイクルが行われています。ニッケル水素電池を使用した機器には表示の推奨事項があります。詳しくは、当社営業所又は販売代理店にお問い合わせください。