輸送に関する注意事項

リチウム金属電池は国連勧告でクラス9危険物に分類され、国連番号UN3090、UN3091が付与されています。このためリチウム金属電池を輸送する場合、国連勧告の要件に加え「IATA危険物規則(IATA-DGR)」と「国際海上危険物規定(IMDG-Code)」、さらに米国離発着の航空輸送では「米国連邦規則集(49 CFR)」の要件を全て満たす必要があります。金属リチウム電池単体を航空輸送する場合、規則改定は必要に応じ不定期に実施されますので最新のIATA危険物規則(60版)をご参照ください。

当社リチウム電池を輸送する際の注意事項

  • 輸送規則の分類で、当社リチウム電池は全てリチウム金属電池に該当します。
  • 当社電池および出荷包装は、UN Manual of Test and Criteria, Part III, subsection 38.3の要求事項を満足しています。
  • 当社リチウム電池の包装仕様は国連勧告と上述の各規則で決められた要求事項を満たしています。当社出荷時の包装をそのままご利用され、輸送時に各種証明書などが必要な場合は購入ルートを通じ当社担当部署までご連絡ください。
  • お客様が独自に包装される場合、包装物に関する試験や証明書などはお客様ご自身で実施する必要がありますのでご注意ください。
  • 輸送会社により独自に自主規制を設けている場合がありますので、詳しくは各輸送会社まで事前にご確認ください。

当社リチウム電池を航空輸送する場合

  1. 電池単体で輸送する場合(UN3090)
    リチウム金属電池単体を航空輸送する場合、IATA危険物規則(IATA-DGR)の包装基準(Packing Instruction)968に基づき以下の通り3つに区分けされます。
    なお、リチウム金属電池単体を航空輸送する場合、貨物機のみ輸送可能となります。
    • Section Ⅰ Aとして輸送する場合
      リチウム含有量が1gを超える単電池、又は総リチウム量が2gを超える組電池(パック電池)はSection Ⅰ Aに該当し、Section Ⅰ Aの必要要件※1を全て満たすことで、クラス9 危険物として輸送可能となります。
    • Section Ⅰ Bとして輸送する場合
      リチウム含有量が0.3gを超え、1g以下の単電池、又は総リチウム量が0.3gを超え、2g以下の組電池(パック電池)はSection Ⅰ Bに該当し、Section Ⅰ Bの必要要件※1を全て満たすことで、クラス9 危険物容器(梱包等級Ⅱ)を使用しなくても輸送可能となります。
    • Section Ⅱ として輸送する場合
      リチウム含有量が0.3g以下の単電池、又は組電池(パック電池)はSection Ⅱ に該当し、Section Ⅱ の必要要件※1を全て満たすことで、クラス9 危険物適応除外品として輸送可能となります。
      なお、Section Ⅰ Bに該当する単電池又は組電池であっても、1包装物当たりの数量が、8個以下の単電池又は、2個以下の組電池であればSection Ⅱ に該当し、Section Ⅱ の必要要件を全て満たすことで、クラス9 危険物適応除外品として輸送可能となります。
      但し、リチウム電池単体をSection Ⅰ で輸送する場合、1件の輸送状で輸送できる包装物は1個に制限されています。
    リチウム量/単電池・組電池 製品 セクション(IATA-DGR)
    1g(2g)超える CR23500SE Section Ⅰ A
    0.3g超 ∼ 1g(2g)以下 CR1/2 6・L, CR1/2 6LHT, CR2/3 6・L, CR2/3 6L, CR2/3 6LHT, CR2/3 8・L, CR6・L, CR8・L, CR8・LHC, CR8LHT, CR12600SE, CR17335SE, CR17335SE-R, CR17450SE, CR17450SE-R, CR17355E-R, CR17450E-R, CR17335E-N, CR17450E-N, CR17335EF, CR17335HEF, CR17335EG, CR17335EL, CR17335HE-R, CR17450HE-R, CR17450HE-N, CR17450ENS, CR17450EG, CR17450ES, CR2, CR123A, CP-V9J, CP-V9Ju, CR-P2, 2CR5, CR17450ESK, CR17500EP, CR17335E-R Section Ⅰ B
    0.3g以下 CR14250SE, CR14250SE-R, CR1216, CR1220, CR1616, CR1620, CR1632, CR2016, CR2025, CR2032, CR2430, CR2450, CR2477, CR-1/3N, 2CR-1/3N, ML414, ML414U, ML421, ML614, ML621, ML1220, ML2016, ML2430, ML410R, ML410RU, ML414RU, ML614R, NBL414, NBL414R, TL421, TL410R, TL414R, UT614, UT621, CF042039(N), CF052039(N), CF042722U(N), CF052722U(N), CF042223(N) section Ⅱ
    Section Ⅰ B Section Ⅰ Bに区分され、単電池8個以下/包装物または、組電池2個以下/包装物、の場合
  2. 機器組込み・機器同梱で輸送する場合(UN3091)
    当社リチウム電池を機器組込み又は機器と同梱として輸送する場合、単電池に含まれるリチウム量が1g以下又は組電池で総リチウム量が2g以下の場合、Section Ⅱ に区分され、Section Ⅱ の必要要件※1を全て満たすことで、クラス9 危険物対象除外として輸送可能となります。リチウム量が上記値を超える場合はSection Ⅰ に該当し、Section Ⅰ の必要要件※1を全て満たすことで、クラス9 危険物として輸送可能となります。
※1 各Sectionの輸送要件の詳細は、IATA危険物規則(IATA-DGR)第60版を参照ください。

米国離発着の航空輸送規制について

米国離発着でリチウム金属電池を航空輸送する場合、旅客機による輸送は禁止されており、包装に”Lithium Metal batteries forbidden for transport aboard Passenger aircraft”の表示が求められます。
※ 詳しくは米国規則(49CFR: Code of Federal Regulations, Title 49, Parts 171, 172, 173 and 175)の最新版を参照下さい。

当社リチウム電池を海上輸送する場合

リチウム金属電池を海上輸送する場合、リチウム含有量が1g以下の単電池又はリチウム総量2g以下の組電池(パック電池)は国際海上危険物規定(IMDG-Code)特別規則188が適応され、輸送要件※2を全て満たすことで危険物対象除外品として輸送可能となります。
※2 詳しい輸送要件は、国際海上危険物規定(IMDG-Code)最新版を参照ください。