FDK English

 ホーム > 環境・社会貢献活動 > CSRマネジメント

 CSRマネジメント
 
CSR基本方針
  CSR重点課題別施策
  お取引先コンプライアンス受付窓口

 環境活動
  FDKグループ環境憲章
  FDKグループ環境活動計画
  ISO14001認証取得状況
  社会・環境報告書
  グリーン調達

 社会貢献活動
  次世代育成支援への取り組み
  女性活躍推進


Adobe Readerのダウンロード
掲載情報には、PDFファイルで収録したものがあります。
PDFファイルをご覧頂くためには、Adobe Readerが必要です。
CSRマネジメント

CSR基本方針

1. CSR基本方針

 FDKグループのCSR基本方針は、FDKグループで働くすべての人が積極的に実践すべき内容を示した「FDK企業行動指針」および富士通グループの一員としてのグループ理念である「FUJITSU Way*1」を実践することです。
 我々は、「お客様にご満足いただける電池、電子製品の開発・供給により、3E社会(環境保全・省エネルギー・経済発展)の実現に寄与し、様々な形で社会に貢献できるエネルギーマネジメントメーカーを目指す。」という方針のもと、すべての事業活動において、マルチステークホルダーの期待と要請を踏まえ「FDK企業行動指針」および「FUJITSU Way*1」を実践することにより、地球と社会の持続可能な発展に貢献してまいります。CSRの実践にあたっては、次の課題に重点的に取り組みます。
 これらの課題への対応を通じて、グローバル企業として責任ある経営を推進します。

※FDKグループのステークホルダー:
  FDKグループは、「お客様」「社員」「お取引先」「株主・投資家」「国際社会・地域社会」をステークホルダーとしています。また、特に「政府」「NPO」「NGO」「学会」「業界団体」「国際機関」なども「国際社会・地域社会」の中の重要なステークホルダーと考えています。

<様々な形で社会に貢献する電池、電子製品を供給>
 様々な形で社会に貢献できるエネルギーマネジメントメーカーを目指し、お客様にご満足いただける電池、電子製品を開発し供給する。

<地球環境保全への対応>
 高性能な電池、電子製品の供給によりグローバルな環境課題の解決に貢献するとともに、自らの調達・生産・供給において環境負荷を低減する。

<多様性の受容>
 企業と個人が共に成長できるよう、国籍、性別、年齢、障がいの有無、価値観に関わらず、多様な人材を受け入れ活かす。

<地球と社会に貢献する人材の育成>
 グローバルな視点にたち、他に先駆けて社会の発展に貢献する高い志を持った人材を育てる。

<ステークホルダーとの対話と協力>
 良き企業市民として、ステークホルダーの多様な期待と要請を理解して企業活動を実施する。

<法の遵守>
 法令および社会規範を遵守し、高い倫理観をもって行動する。

<コーポレートガバナンスの強化>
 基本方針の実現に向け、経営の透明性や監督機能の向上を図り、コーポレートガバナンスを強化する。

2. CSR推進体制

 FDKグループのCSR活動の基軸となるFDK企業行動指針およびFUJITSU Way*1の浸透、定着を一層推進するため、CSR推進委員会を設置する。
 CSR推進委員会は、FDKグループの横断的なCSRマネジメント推進のため取締役(コーポレート担当)を委員長、CSR推進室を事務局とし、情報発信、新たな社会貢献事例や持続可能な社会とビジネスの在り方などについて定期的なレビューを行なう。


CSR推進体制

*1 FUJITSU Way:富士通グループの理念・指針
 社会における富士通グループの存在意義、大切にすべき価値観、日々の活動において社員一人ひとりがどのように行動すべきかの原理原則です。 内容につきましては、「富士通グループの理念・指針(FUJITSU Way)」をご参照ください。


CSR重点課題別施策
 FDKグループは、7つの重要課題に沿ったCSR活動を推進してまいります。

 様々な形で社会に貢献する電池、電子製品を供給 | 地球環境保全への対応 | 多様性の受容 |
 地球と社会に貢献する人材の育成 | ステークホルダーとの対話と協力 | 法の遵守 | コーポレートガバナンスの強化

<重点課題> <あるべき姿> <重点施策>
<様々な形で社会に貢献する電池、電子製品を供給>
 様々な形で社会に貢献できるエネルギーマネジメントメーカーを目指し、お客様にご満足いただける電池、電子製品を開発し供給する。
 保有技術を活かした市場ニーズに応える製品開発と供給を継続的に行ない、環境変化に柔軟に対応することで、お客様に満足いただける信頼が置けるエネルギーマネジメントメーカーとして認知される。 <製品>
 差別化技術から生み出した新たな付加価値を提供する製品の開発促進。

<取り組み>
 素材を活かした製品を提供し続けることで、未来を育む企業としての価値を向上。
<地球環境保全への対応>
 高性能な電池、電子製品の供給によりグローバルな環境課題の解決に貢献するとともに、自らの調達・生産・供給において環境負荷を低減する。
 環境問題を常に意識し、クリーンエコノミー時代の実現に向けての製品提供により社会全体の環境負荷・環境リスク低減に積極的に取り組んでいる。  全グループ生産拠点での環境に配慮した生産環境から環境配慮製品を製造。
地球温暖化防止のため工場・事務所での省エネルギー対策や物流改善の推進などに継続的に取り組んでいる。
3R(リデュース、リユース、リサイクル)活動により環境負荷を低減している。
<お客様の環境負荷低減>
 ライフサイクルを考慮した環境配慮製品開発の推進(高効率な製品、環境負荷の少ない材料を使用した製品)。

<自らの環境負荷低減>
エネルギー消費CO2排出量の削減。
廃棄物発生量の削減。
化学物質排出量の削減。
<多様性の受容>
 企業と個人が共に成長できるよう、国籍、性別、年齢、障がいの有無、価値観に関わらず、多様な人材を受け入れ活かす。
 FDKグループで働くすべての人が、あらゆる差別(*2)を排除し、多様な人材を受け入れ、それらの行動を実践している。

*2: 国籍、人種、性別、宗教、信条、社会的身分、出身地、障がい、性的指向などによる不当な差別やセクシャルハラスメント、精神的もしくは肉体的な暴力などによる人権侵害
すべての人に働きやすい職場環境の整備。
人事・処遇制度の改善。
研修、セミナーによる啓発活動の充実。
<地球と社会に貢献する人材の育成>
 グローバルな視点にたち、他に先駆けて社会の発展に貢献する高い志を持った人材を育てる。
 長期的視点に立ち、ビジネスを通じてグローバルに活躍できる人材を育成している。
ビジネスを通じて地域・社会に貢献する人材の育成システム充実。
地域・社会とのつながりによるコミュニケーション力の育成。
<ステークホルダーとの対話と協力>
 良き企業市民として、ステークホルダーの多様な期待と要請を理解して企業活動を実施する。
 公開すべき情報を的確に開示し、ステークホルダーとの対話を行ない、事業活動への反映を通じて社会に貢献する企業活動を継続的に行なっている。
ステークホルダーとの対話機会の充実と要請事項への的確な対応。
CSR報告書の発行。
●お客様: 情報提供要請に対する適切な情報開示。
●株主、投資家: 株主総会、IRミーティング、ホームページ上の情報開示、経営方針・決算説明会など対話の実行に向けた検討。
●取引先: 双方向コミニケーションの充実。
●従業員: 労使対話、満足度調査、経営トップとの対話。
●地域社会: 地域住民への社会貢献活動(地域住民交流会、清掃活動、工場見学、乾電池教室等)。
<法の遵守>
 法令および社会規範を遵守し、高い倫理観をもって行動する。
 経営者および全従業員が常に法令および社会的規範を遵守した行動をし、また新規・改正情報も迅速に認識、対応できている。
企業継続性改善活動拡充(評価・改善、教育等)。
コンプライアンス関連規定の整備。
教育プログラムの策定、実施(行動指針、企業倫理面の海外拠点展開を含む。)。
モニタリング強化。
新規、改正法令情報の的確な取得と反映。
<コーポレートガバナンスの強化>
 基本方針の実現に向け、経営の透明性や監督機能の向上を図り、コーポレートガバナンスを強化する。
 経営者はコーポレートガバナンスの本質をよく理解し、必要に応じた経営体制の見直し、組織の整備等を実施している。
取締役会の監督機能が十分であり、監督と業務執行が分離され、的確な意思決定が行われる機関設計の検討。
取締役会の実効性の維持、向上を目的とした取締役会の評価(自己評価と外部機関による検証、継続的改善)およびトレーニングの実施。

▲このページのトップへ

 このサイトについて | 個人情報保護ポリシー | ソーシャルメディア公式アカウント開設ポリシー | お問い合わせインデックス | サイトマップ
Copyright FDK CORPORATION All rights reserved