FDK English

 ホーム > 調達活動

 
調達活動

  購買部門組織

  調達案件

  納品について

  グリーン調達

  お取引先コンプライアンス受付窓口
FDK 購買部門 調達活動

Ⅰ.調達方針
FDKグループのパートナーであるお取引先との調達についての基本的な考え方です。

1. FDKグループCSR基本方針に準拠した調達活動

FDKグループCSR基本方針(※1)は、FDKグループで働くすべての人が積極的に実践すべき内容を示した「FDK企業行動指針(※2)」および富士通グループ共通の基本理念である「FUJITSU Way(※3)」を実践することです。
このFDKグループCSR基本方針に基づき、FDKグループはお取引先と共に「地球環境保全への対応、多様性の受容、地球と社会に貢献する人材育成、ステークホルダーとの対話と協力、法の遵守」などに配慮した調達活動を推進します。

※1 FDKグループCSR基本方針
内容につきましては、「FDKグループCSR基本方針」をご参照ください。

※2 FDK企業行動指針
FDK企業行動指針は、FDKグループで働くすべての人の行動基本原則です。
内容につきましては、「FDK企業行動指針」をご参照ください。

※3 FUJITSU Way:富士通グループの理念・指針
社会における富士通グループの存在意義、大切にすべき価値観、日々の活動において社員一人ひとりがどのように行動すべきかの原理原則です。
内容につきましては、「富士通グループの理念・指針(FUJITSU Way)」をご参照ください。


2. グリーン調達の推進
FDKグループは、FDKグループ全体でグリーン調達を積極的に取り組むため、グリーン調達基準を定め地球環境保全に配慮した調達品を調達します。
お取引先にもグリーン調達基準を遵守した取り組みをお願いし、支援活動を通じレベルアップを推進しております。


3. お取引先との共存・共栄により、安全で高品質・環境に配慮した商品の調達

FDKグループは、事業活動を行なう上で必要な調達品(部材・設計など)をお取引先から調達し、環境負荷の少ないFDKグループの製品として社会に供給しています。
お取引先とは信頼関係を築きパートナーとして共に繁栄し、共存・共栄の関係を目指します。


4. 公正な基準によるお取引先選定、公平・公正な調達活動

FDKグループは、公正、透明、自由な競争を尊重します。
お取引先の選定は「1. 経営状況、2. 品質、3. 価格対応、4. 納期遵守、5. 技術力、6. 環境対応」を基準に評価します。
Ⅱ. 調達におけるお取引先との連携(お願い)
FDKグループは、お取引先と共に、サプライチェーンにおける社会への責任を果たしてまいります。

1. グリーン調達の推進

ISO14001の認証取得など、環境マネジメントシステム(EMS)の構築がビジネスを推進していく上で不可欠な条件となりつつあります。
このような状況の中、FDKグループ各社はEMSの認証を受けました。お取引先にはサプライチェーンにおける環境負荷の一層の低減を目指して、「FDKグループグリーン調達基準」の厳守をお願いしていきます。
また、これを実現していくために、お取引先に対してEMS構築や指定有害物質全廃などを要請し、各種の調査票などによって取り組み状況を確認していきます。
基準を満たしていないお取引先に対しては、EMSの構築・運用のレベルアップサポートを行なっていきます。



1-1. グリーン調達の取り組み
  1. 環境対策調査票で調査を行ない、EMS未構築のお取引先に対し、EMS構築依頼および支援の実施
  2. 有害化学物質の全廃要請(FDK禁止有害物質を含む調達品は調達しない)
1-2. お取引先に求めるグリーン調達の要件
  1. 環境マネジメントシステム(EMS)の構築
  2. FDKグループ含有化学物質管理基準の厳守
  3. 製品含有化学物質管理体制の厳守
1-3. グリーン調達の要件の確認方法
  1. 環境マネジメントシステムの構築
    「取引先調査票」または、「環境対策調査票」により、EMS構築状況を確認させていただきます。
  2. 含有化学物質管理体制の構築
    含有化学物質調査にて含有禁止物質を納入品に含有させない体制が構築できていることを確認させていただきます。
グリーン調達および含有化学物質に関するお取引先向け資料は、グリーン調達をご参照ください。
なお、ページ下部の対象のダウンロードファイルを選択してご参照ください。
ご不明な点は、購買部門までお問い合わせください。
E-MAIL:koubai@fdk.co.jp  TEL:053-576-2152
2. CSRに配慮した調達活動の推進
FDKグループは、「FDKグループCSR基本方針」、「FDK企業行動指針」および「FUJITSU Way」に基づき、お取引先と共に、CSRに配慮した調達活動を推進していくために「CSR調達指針」をまとめました。
FDKグループは、本指針を遵守いたしますので、お取引先も同様に本指針の遵守をお願いいたします。



2-1. CSR調達指針
  1. 人権尊重・労働・安全衛生
    1. 一人ひとりの人権を尊重し、人種、皮膚の色、宗教、信条、性別、社会的身分、障害等による不当な差別やセクシュアル・ハラスメントなどの人権侵害行為をしません。
      また、そのような行為を助長または許容しません。
    2. 児童労働、強制労働を行ないません。
    3. 従業員の雇用において、事業活動を行なう各国・各地域の適用法令を遵守し、従業員の団結権を尊重します。
    4. 従業員の安全と健康に配慮し、働きやすい職場環境づくりに努めます。
  2. 地球環境保全
    1. 環境マネジメントシステムの構築と運用を推進します。
    2. 製品に含有する化学物質および製造工程で用いる化学物質を管理します。
    3. 環境負荷の少ない製品・サービスを供給します。
  3. 公正取引・企業倫理
    1. 公正な商取引
      公正・透明・自由な競争を尊重し、不公正な手段による商取引を行ないません。
    2. 秘密情報・個人情報の保護
      自社で保有・流通している情報は、自社の秘密情報、第三者の秘密情報、個人情報など、その種類に応じて適切に利用、管理、保護します。
    3. 知的財産の保護
      知的財産は、企業活動を支える重要な経営資産であることを理解し、その権利を法的意味をよく認識した上で、権利の取得・確保、活用に努め、自社の権利を守ると共に、他社の知的財産を尊重します。
    4. 贈収賄等の禁止
      公務員等に対する贈賄および業務上の立場を利用した収賄、強要、横領等を行ないません。
    5. 紛争鉱物対応
      サプライチェーンの透明性の確保と責任ある鉱物調達を実践します。
  4. 法令遵守
     国内、海外問わず、法令および社会規範を遵守し、いかなる場合もこれらに違反しません。
  5. 製品・サービスの安全性・品質の確保
     製品・サービスの安全性と品質を確保します。
  6. 情報セキュリティ
     自社および第三者の情報・情報システムを適切に保護するために、情報セキュリティを維持・推進します。
2-2. CSR調達指針の内容確認
お取引先にお願いしております「CSR調達指針」の遵守に向け、理解を共有するために、富士通グループとして内容をより具現化した「富士通グループサプライチェーンCSR推進ガイドブック日本語版)(英語版)」(※4)を掲載しています。
なお、「2-1. CSR調達指針」の各項目と富士通グループサプライチェーンCSR推進ガイドブックは対応しておりますので、CSR調達指針の遵守に向けガイドブックにより理解を深めていただくことをお願いいたします。

※4
富士通グループサプライチェーンCSR推進ガイドブック日本語版:946KB)(英語版:505KB)」は、富士通株式会社の富士通グループCSR調達方針のダウンロードページに掲載されているPDFファイルを別ウィンドウで表示します。
2-3. 紛争鉱物問題の対応のお願い
FDKグループは、紛争鉱物(※5)にかかる企業の責任を重要なCSR課題として捉え、グループ会社やお取引先と連携して調達活動におけるサプライチェーンの透明性の確保と責任ある鉱物調達の実践に取り組みます。

*** お取引先への要請事項 ***

以下の事項についての対応をお取引先にお願いいたします。
FDKグループよりお取引先から調達する商品に関し紛争鉱物についての報告要請があった場合は報告書テンプレートによる回答をお願いいたします。
1)紛争鉱物の非含有商品提供のお願い
納入商品に紛争鉱物を含んでいることが明らかになった場合は、対象商品の調達を排除していくことを方針とします。

2)報告書テンプレートについて
コンゴ民主共和国(DRC)および隣接周辺国産出の紛争鉱物に関する調査報告は、「EICC/GeSI紛争鉱物報告テンプレート」でお願いします。
3)お取引先の調達先についてお願い
  1. CFS(※6)適合製錬業者リストを使用してCFS規程への準拠が検証された製錬業者からの調達をお願いいたします。
  2. 調達先の製錬業者名を明らかにするようにお願いいたします。
※5 紛争鉱物
紛争鉱物とは、その採掘や取引が武装集団の資金源となり紛争を助長している、あるいは、人権侵害、労働問題等密接に関連している鉱物をいいます。
2010年7月に米国で成立した「金融規制改革法」においては、コンゴ民主共和国および隣接国において産出される鉱物のうち、タンタル、錫、金、タングステン、その他国務省が判断する鉱物を紛争鉱物として、米国上場企業に対し、紛争鉱物を使用する場合の米国証券取引委員会(SEC)への報告義務等が定められました。

※6 CFS
このCFSは Conflict-Free Smelterの略称です。
3. 事業継続マネジメントの取り組み推進

不測の事態においても事業を継続することを求められており事業継続マネジメント(BCM:Business Continuity Management)の取り組みは重要な課題の一つとなっております。
お取引先には災害発生時などサプライチェーン情報を共有し部品供給維持に努めていただくと共に、リスクマネジメント調査、BCM構築を推進していただけるようお願いいたします。

【連絡先】購買統括部
      〒431-0495 静岡県湖西市鷲津2281(JR鷲津駅下車・徒歩8分)
      TEL:053-576-2152
      FAX:053-575-2526
      E-MAIL:koubai@fdk.co.jp

戻る

 このサイトについて | 個人情報保護ポリシー | ソーシャルメディア公式アカウント開設ポリシー | お問い合わせインデックス | サイトマップ
Copyright FDK CORPORATION All rights reserved