FDK English

 ホーム > 投資家の皆様へ > コーポレート・ガバナンス

お知らせ
お知らせ

FDKの経営
社長よりのご挨拶
役員一覧
事業戦略等
コーポレート・ガバナンス
事業等のリスク

IR資料
決算短信
有価証券報告書・
四半期報告書
報告書・中間報告書

業績・財務
業績推移グラフ
セグメント情報
設備投資・減価償却費

株主・株式情報
IRカレンダー
株式の状況
株価推移・
配当金・
株主優待
電子公告
定款
株主メモ

免責事項
免責事項
コーポレート・ガバナンス


Adobe Readerダウンロードのページへ
この報告書は、PDFファイルで収録したものです。
PDFファイルをご覧頂くためには、Adobe Readerが必要です。

 当社グループは、コーポレート・ガバナンスを充実することが、企業の健全性、透明性の向上と株主価値の向上につながるものと考えており、金融商品取引所が定めるコーポレートガバナンス・コードの原則を踏まえた各施策、必要に応じて経営体制の見直し、組織の整備、必要な施策を実施しております。また、経営内容の迅速な情報開示に努めるとともにインターネットを通じて財務情報の提供を行なうなど幅広い情報開示を図り公正性と透明性を高めることにも努めております。

 当社は、業務の意思決定・監督機能と業務執行機能を分離し、取締役会のチェック機能を強化するため、執行役員制を導入しています。

 当社の取締役会は、取締役(監査等委員を除く)5名と監査等委員である取締役3名で構成されております。取締役会は原則毎月1回開催し、経営に関する重要事項を決定するとともに業績の進捗状況についても議論し対策等を検討しております。
 監査等委員会は、社外取締役2名を含む取締役3名の監査等委員で構成され、原則毎月1回と必要に応じて随時開催し、経営の適法性および妥当性の監督、監査を行なっております。また、各監査等委員は、取締役会に出席し、経営全般または個別案件に関する客観的かつ公正な意見陳述を行なうとともに、監査等委員会で立案した監査方針に従い、取締役の業務執行の適法性、妥当性を監査しております。

 また、コーポレート・ガバナンス充実の施策として、当社グループ全体のコンプライアンスの推進に積極的に取り組むため「FDK企業行動指針」において法の遵守の基本原則を設けております。また、富士通グループ共通の基本理念である「FUJITSU Way」*1を遵守しております。

*1: 「FUJITSU Way」の内容につきましては、富士通グループの理念・指針(FUJITSU Way):富士通をご参照ください。
富士通株式会社の富士通グループの理念・指針(FUJITSU Way):富士通を別ウィンドウで表示します。

コーポレート・ガバナンスに関する報告書(2,442KB/10ページ)


▲このページのトップへ

 このサイトについて | 個人情報保護ポリシー | ソーシャルメディア公式アカウント開設ポリシー | お問い合わせインデックス | サイトマップ
Copyright FDK CORPORATION All rights reserved