FDK English

 ホーム > 調達活動

 
調達活動

  購買部門組織

  調達案件

  納品について

  グリーン調達

  お取引先コンプライアンス受付窓口
FDKグループ購買部門 調達活動

Ⅰ.調達方針
 FDKグループは、「お取引先との共存共栄」「お取引先の公平・公正な評価・選定」「CSRに配慮した調達活動の推進」を調達方針として、グローバルに調達活動を行なっています。

調達方針
1. お取引先との共存共栄
お取引先とは、長期的な信頼関係を構築し、良きパートナーとして共に繁栄し存続してゆくように共存共栄の関係を構築していきます。

2. お取引先の公平・公正な評価・選定
お取引先の選定は、企業の信頼性、技術力、品質力、価格対応力、納期遵守、環境対応を基準として総合的な評価を行ないます。
また、お取引先に当たっては、公正、公平、透明で自由な競争を尊重します。

3. CSRに配慮した調達活動の推進
お取引先とともに、人権尊重、安全衛生、地球環境保全、法令遵守、公正取引、企業倫理等、CSRに配慮した調達活動を推進します。
Ⅱ. 調達指針
 FDK企業行動指針および調達基本方針にもとづき、「調達指針」を策定し、持続可能な社会の実現に向けた調達活動を推進していきます。
 サプライチェーン全体での認識共有と活動推進が必要であり、お取引先にもご理解とご協力をお願いいたします。

調達指針
1. 人権尊重・労働・安全衛生
一人ひとりの人権を尊重し、ビジネス上の正当な利益と関係しない要素にもとづく差別やセクシュアル・ハラスメントなどの人権侵害行為をしません。そのような行為を助長、許容しません。
児童労働、強制労働を行ないません。
従業員の雇用において、事業活動を行なう各国・各地域の適用法令を遵守し、従業員の団結権を尊重します。
従業員の安全と健康に配慮し、働きやすい職場環境づくりに努めます。

2. 地球環境保全
環境マネジメントシステムの構築と運用を推進します。
製品に含有する化学物質、および製造工程で用いる化学物質を管理します。
環境負荷の少ない製品・サービスを供給します。

3. 公正取引・企業倫理
(1) 公正な商取引
公正、透明、自由な競争を尊重し、不公正な手段による商取引を行ないません。
(2) 秘密情報・個人情報の保護
自社で保有、流通している情報は、自社の秘密情報、第三者の秘密情報、個人情報など、その種類に応じて適切に利用、管理、保護します。
(3) 知的財産の保護
知的財産は、企業活動を支える重要な経営資産であることを理解し、その権利の法的意味をよく認識した上で、他社の知的財産を尊重します。
(4) 贈収賄等の禁止
公務員等に対する贈賄および業務上の立場を利用した収賄、強要、横領等を行ないません。
(5) 責任ある鉱物問題への対応
サプライチェーンの透明性の確保と責任ある鉱物調達を実践します。

4. 法令遵守(コンプライアンス)
国内、海外の法令および社会規範を遵守します。

5. 製品・サービスの安全性・品質の確保
製品・サービスの安全性と品質を確保します。

6. 情報セキュリティの維持・推進
自社および第三者の情報・情報システムを適切に保護するため、情報セキュリティを維持・推進します。
Ⅲ. お取引先の皆様へのお願い
 お取引先にも調達指針にもとづいた活動を積極的に推進いただくとともに、次の事項への対応ならびに調査要請にご協力をいただきますようお願いいたします。

1. グリーン調達への対応について
地球環境との共生を目指して、環境と調和した製品の提供を実践するため、グリーン調達を推進しております。
お取引先におかれましても、本件の推進にご協力をお願いいたします。
※FDKグループのグリーン調達および含有化学物質につきましては、当社のグリーン調達をご参照願います。

2. CSRへの取り組みについて
社会の一員として企業活動を通じて社会的責任を果たすためには、サプライチェーン全体でCSR活動に積極的に取り組んでいくことが求められています。CSR活動を推進するため、FDKグループは「FDKグループサプライチェーンCSR推進ガイドブック」を策定し取り組みを進めています。
お取引先におかれましても、本件の推進にご協力をお願いいたします。
※「FDKグループサプライチェーンCSR推進ガイドブック」は、こちら[PDF:906KB/15ページ]をご参照願います。

3. 責任ある鉱物問題への対応について
FDKグループは、紛争を助長している、あるいは強制労働や人権侵害と関連しているリスクの高い鉱物を排除していくことが重要な課題として捕らえ、高リスク鉱物の調査活動を実施し、サプライチェーンの透明性の確保と責任ある鉱物調達に取り組んでいきます。
お取引先におかれましては、責任ある鉱物調達取り組みへの賛同と調査へのご協力をお願いいたします。
鉱物調査の報告方法につきましては、Responsible Minerals Initiative(RMI)の調査フォーマット「Conflict Minerals Reporting Template(CMRT)」、「コバルト報告テンプレート(CRT)」での回答をお願いします。
責任ある鉱物調達
2010年に米国で成立した「金融規制改革法」では、コンゴ民主共和国および隣接国で産出される鉱物のうち、タンタル、錫、金、タングステン、その他米国国務省が判断する鉱物を紛争鉱物とし、米国上場企業に対して、これらの鉱物を使用する場合の米国証券取引委員会(SEC)への報告義務などが定められました。
また、欧州においても2017年3月に「紛争鉱物に関する規則案」が採択され、2021年1月から、EUへの鉱物輸入業者に対し、調達する鉱物資源が紛争や人権侵害を助長していないことを確認するデュー・ディリジェンスが義務付けられることになっています。

4. 事業継続マネジメントの取り組みについて
自然災害や不慮の事故等の発生で、供給に支障をきたす恐れがある場合は、速やかにご連絡をいただけますようお願いします。平時よりサプライチェーン情報を共有し部品供給維持に努めていただくため、事業継続マネジメント(BCM:Business Continuity Management)の取り組みと、リスクマネジメントの取り組み推進をいただけますようお願いいたします。

【連絡先】SCM部購買管理課
      〒431-0495 静岡県湖西市鷲津2281
      TEL:053-576-2152
      FAX:053-575-2526
      E-MAIL:koubai@fdk.co.jp

戻る

 このサイトについて | 個人情報保護ポリシー | ソーシャルメディア公式アカウント開設ポリシー | お問い合わせインデックス | サイトマップ
Copyright FDK CORPORATION